コンパクトなフォームの注意点 状況に応じて使い分けよう!

みなさんこんにちは。ブルーローズです。

皆さんもどっかでこんなのを聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

近年、バドミントンはラケットの性能や技術の向上によりスピード化が進んでいる。特にダブルスにおいてはラリーのテンポはとても速くなっている。ラケットを大振りしていては振り遅れたり差し込まれたりしてしまう。よってバドミントンではよりコンパクトなスイングが求められる。

・・・・。

これに対してちょっとだけ僕の考えをご紹介したいと思います。

コンパクトなフォームとは 小さなスイングで素早く打つ

みなさんもきっと、もっとコンパクトに振れ!とか言われてきたことでしょう。

僕もよく言われてきました。 

一応コンパクトなフォームを確認すると

  • 小さなテイクバック(もしくはテイクバックなし)
  • 短めのラケットの軌道
  • 小さなフォロースルー

という感じでしょうか。小さなスイングで素早く打つためのラケットワークですね。

いつでもコンパクトなフォームが良いわけではない

さて本題に入りますが、この記事で僕が言いたいのはコンパクトなフォームがいつでも有効なわけじゃないので状況に応じて使い分けようということです。

何事にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

その両面を見て判断することが大切です。

コンパクトなフォームをもう一度確認すると

  • 小さなテイクバック(もしくはテイクバックなし)
  • 短めのラケットの軌道
  • 小さなフォロースルー

こんな感じです。

コンパクトなフォームのメリット

メリットは

  • 振り遅れにくい
  • 差し込まれにくい
  • コースを読まれにくい
  • コースを変えやすい

などがあります。コンパクトなフォームはスイング自体が小さいので、相手に面を見られにくく読まれにくいです。また途中でコースを変更するのも容易です。

デメリットは

  • 強いショットが打ちづらい

これに尽きるでしょう。

実際にやってみれば分かると思いますが、大きくテイクバックして大きく振る方がコンパクトに振るのより強打しやすいはずです。

これはよほど高いレベルのプレーヤーでもない限りは普通のことでしょう。

時間があるときはダイナミックなフォームで

ではどのように打ち分けるべきかというと、余裕があるときは大きなフォーム、ダイナミックなフォームで打とうということです。

余裕があると言うのは、大きく振っても振り遅れない時間的な余裕ということです。

例えば浅い球が上がってきてスマッシュするときや、ネット前やコート奥に追い込まれて高く奥まで上げるときなどです。

先ほどから言っている通り、コンパクトなフォームは若干非力です。なので余裕があって強く打ちたいときや追い込まれて遠くに飛ばしたいときなどには向いていませんしその必要もないのです。

逆に早い展開のラリーや、優しい球を打ちたいときなどはコンパクトに打った方がメリットが多いでしょう。

ネット前のドライブやプッシュ、レシーブなどをする状況ですね。

このように、それぞれのメリットを考えて使い分けることが大切です。

さいごに

今回の記事はいかがだったでしょうか。

最近重要視されているコンパクトなフォームですが、いつでもそれが有効とは限りません。メリットとデメリットを考えてその場合に応じて良い方法を選んでいくことが大切です。

それは今回に限ったことではなく、多くの場面で共通することかと思います。常に頭を使ってバドミントンをしてほしいなと思います。

この記事は以上です。
感想や質問などがあればどんどんコメントお願いします!
返信できるとは限りませんが必ず目は通します。
また、僕のツイッターで最新記事をお届けしています。フォローよろしくです。
僕のTwitter↓
@Dream_Antimony

コメント