バドミントンのダブルスのコツ ローテーションの鍵【スピードが命】

みなさんこんにちは。ブルーローズです。

今回はダブルスのコツについてお送りしたいと思います。

技術的な面からだけでなく考え方的な面から見ていきたいと思います。

ダブルスの必勝法は攻め続けること

ダブルスのコツはズバリ攻め続けることだと思います。

ダブルスは相手も2人いるのでオープンスペースを狙って動かしたり、レシーブから入って得点するのは難易度が高いです。

だからこそいかに守る時間を減らし攻めに持っていくことが大切なのです。

そして攻め続けるための技術としてローテーションがあります。

つまり

攻め続けるための技術→ローテーション

という感じです。

ローテーションを上手く使って攻め続けることがダブルスの勝利のカギということになります。

ローテーションのやり方についてはバドミントン ダブルスの動き方の基本 ローテーションを覚えよう!で詳しく解説しています。

攻め続けるためのローテーションのコツ

コツとしてはとてもシンプルで

  • 素早く動く
  • 思い切って動く

の2点です。

どちらもとても大事な要素です。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

素早く動く

ローテーションのカギはスピードだと思って下さい。

いかに早く動けるかがカギです。

分かりやすい例としては、相手選手がネット前にいたとしてあなたはヘアピンを打ちますか?っていうことです。

当然打ちませんよね。よほどの自信がない限り。

いや、僕はそれでもヘアピンを打つよ。
なぜなら僕のヘアピンはプッシュされないからね。ふっ。

という方はどうぞ打ってください。

つまり相手が打ちそうな場所に先に動いていることが出来れば攻めることができるのです。

もう一度具体的な例で言うと、あなたが前衛だとします。

あなたのペアにシャトルが上がってきてペアはドロップを打ちました。

すると相手には

  • ヘアピンで攻める
  • ロブでもう一度守る

という2つの選択肢があります。ここで先ほども言った通りあなたがネット前に詰めれば相手はヘアピンを打つのが難しくなり、ロブを上げてくれます。

そうすればまたスマッシュなりドロップなりで攻めることができますよね。

これは他の場面でも言えることです。例えば相手がスマッシュを打ってきたのをあなたがネット前に返球したとします。するとまた相手は2択になります。

ここであなたが素早くネットに詰めればまた上げさせることができますね。

ただしこのスピードが遅いと、相手にまたヘアピンを打たれて上げさせられてしまいます。なので1つはネットに詰めるスピードが大事ということです。

ただしこれだけでは不十分です。

足りないのは後衛の動きです。前衛が前に行ったということは、次は上がってくることが想定されます。ですが前衛の後ろはガラ空き状態ですよね。

そこを埋めるように後衛は素早く下がらないといけません。

この前に入る、後ろに下がるといったスピードを早くすることが大切です。

ここを素早く行うことが出来れば、常に攻め側に立つということが可能になります。

ポジショニングで相手の攻撃を封じるということですね。

思い切って動く

次に大切なのが思い切って動くことです。

ダブルスは当然2人でやるものなので、どちらが動くか迷うシーンが必ずあると思います。

そういった時には思い切って動くことが大切です。

例えばシャトルに対して、あなたが取りに行こうとすればペアは取りに行かずに穴を埋める動きができます。逆にあなたが取りに行かなければ、ペアが取りに行くことになります。

ですがあなたが取りに行こうとしてやめたり、取りにいきそうな動きをしてしまうとペアの方も迷ってしまいます。

結果どちらも動かないでお見合いしてしまったり、どっちも動いてぶつかってしまうなどが起こります。

特に前衛は思い切って動くべし

トップアンドバックになっている場合は特に、前衛の動きが大切になります。

なぜなら前衛は後衛の動きを見ることができませんが、後衛は前衛の動きを見ることが出来るからです。

例えば↓のような場面のことを考えます。

黒はシャトルの軌道です。シャトルの位置的にはどちらも取りに行くことが可能です。ですが、バドミントン ダブルスの動き方の基本 ローテーションを覚えよう!でも書いたようにこの場合は前衛(赤) が取りに行った方がいいことが多いです。

そのときに前衛は思い切って動かないとどちらが取りに行くのか分からなくなってしまいます。

前衛からは後衛が取りに行こうとしているかは分かりません。なので後衛が取りに行くかを確認しようとする必要はないのです。

前衛が動いてできた穴は後衛がカバーしてくれます。ペアを信頼して思い切って動きましょう。

サイドバイサイドのときも

トップアンドバックのときに限らず、サイドバイサイドで守っている時も同じです。

ペアの間の前や後ろに来た時なども同じです。

自分の方が早いと思ったら取りに行くし、ペアに任せようと思ったら動かないと素早く判断しましょう。

このスピードもまた大切です。

スムーズなローテーションのために決めごとを作る

さらにスムーズなローテーションを行うためにペア同士で決めごとを作ることも有効です。

みんなそれぞれの弱点や得意な部分などがありますので、そこら辺はオリジナリティが大事です。

また、迷いそうな場面ではどうするかを先に決めておけば迷わずに動けます。

いくつか例を挙げて解説します。

真ん中にきたシャトルを取る人を決める

1番単純なパターンですよね。

ダブルスの狙い目としてペアの間があります。

どちらが取るか迷わせることが目的ですが、最初に決めておけば迷うことはありません。

レシーブが得意な方が真ん中をカバーする形でいいと思います。

ただこの方法のデメリットは片方の守備範囲が増えることです。

なので派生としては、そのときに右側にいる人が取るなどがあります。

ただ本当は、相手の打つ位置に合わせて変えるのがおすすめです。この辺りは別の記事で書きたいと思います。

バック奥からリバースカットを打ち前後を交代する

バック奥からクロスにカットを打てば、返球はほぼ確実にフォア奥にきます。

そこを前衛にとってもらうように決めておきます。

右利きペアの場合、前衛のフォア側にシャトルが来るので連打しやすいはずです。

特にバック奥に追い込まれた時の逃げ球として練習しておくといいでしょう。

ポイントはここもスピードです。クロスショットは少し滞空時間が長いのでその間に後衛は前に詰めてネット前の球を取れるようにしましょう。

ダブルスのコツまとめ

いろいろ見てきましたが、大切なのはスピードです。とにかくスピードが大事です。

相手の攻めを封じる位置に素早くポジションニングをすることで、相手に攻めさせないようにすることができます。

ポジショニングで攻めを封じましょう。

また、攻めに移るためには相手に下で打たせる必要があります。一番基本的な事として、サーブレシーブで上げさせることが大事です。

バドミントン ダブルスのサーブレシーブのコースは?狙いと立ち位置の基本にてサーブレシーブについて解説しているのでコチラも見てみてください。

この記事は以上です。
感想や質問などがあればどんどんコメントお願いします!
返信できるとは限りませんが必ず目は通します。
また、僕のツイッターで最新記事をお届けしています。フォローよろしくです。
僕のTwitter↓
@Dream_Antimony

コメント