バドミントン ダブルスのサーブの打ち方と浮かせないコツ【ショートサーブ】

みなさんこんにちはブルーローズです。

この記事では特にダブルスの場合に使われる、ショートサーブのコツを解説しています。

ショートサーブが浮いちゃって叩かれちゃうよ~泣

たまにいいサーブが行くけど中々安定しないし。安定したサーブを打つにはどうしたらいいの?

こういった悩みにお答えしていきます。

補足

現在コチラ↓の記事でも書いたとおりサーブの高さに関するルールが115cmに改正されました。

これから解説する内容はルール改正によるサーブの変化に対応していませんが、執筆現在では大きな変化は確認していないので有効な内容だと思います。

これから新しいサーブの打ち方が出てきた、もしくは発見した場合は別に記事を書きたいと思います。

それでは早速本題に入りましょう。

コチラ↓の目次から目的の箇所まで飛ぶことができます。ご利用ください。

サーブを浮かせないコツ 常に同じように打つこと

サーブが浮かないようにするコツは常に同じように打つことです。

正確に言うと上手くいったときの打ち方と同じように打つということです。

もし空気の流れや気温が全く同じ全く同じ打ち方をすれば全く同じ軌道で飛んでいくはずです。逆に言うと毎回違う打ち方、例えば打点が変わったりスイングが毎回変わってしまったらサーブは安定せずに、浮いたりネットに掛けたりしてしまうでしょう。

なので繰り返しになりますが、毎回同じように打つことがショートサーブのコツです。

とはいえ全く同じように打つのは難しいことですし、打ち方によっては安定しません。なのでより安定しやすいサーブのコツをお伝えしたいと思います。

サーブの打ち方・コツ【バックハンド・ショートサーブ】

それではさっそく本題ですが、ショートサーブで見るポイントは以下の3つです。

  • シャトルの持ち方
  • 面の向き・スイング
  • 打点とタイミング

です。1つずつ見ていきましょう。

シャトルの持ち方

シャトルの持ち方は、2本指で羽根をつまむように持ち、シャトルが重力によって自然な角度になるようにします。

分かりにくいので画像で見てみましょう。

ショートサーブを打つ時のシャトルの持ち方です。シャトルが自然に下を向くようにします。

このようにシャトルに力を加えずに自然に下を向くように持ちましょう。

なぜシャトルの角度が大事なのか

なぜシャトルの角度がサーブの安定に関係するのでしょうか。それはシャトルのコルク部分が進行方向に向くまでのシャトルの回転がブレになるからです。

どういうことでしょうか。

シャトルは進行方向にコルクを向けて飛んでいきます。なので先ほどの画像で説明すると

ショートサーブを打つ時のシャトルの持ち方です。シャトルが自然に下を向くようにします。

右側の悪い例ではシャトルが進行方向に向くまでにおよそ180度回転するのに対し、左側の例ではおよそ90度の回転です。

シャトルが進行方向に向いてるときは飛行が安定しますが、そうでないときは不安定になりやすいです。スピンヘアピンなどを想像すると分かりやすいですが、進行方向に対して垂直な回転は不規則な軌道を生みます。

なので進行方向との角度を小さくし、軌道を安定させるためにこのような持ち方をします。

参考動画 シドニーオリンピック日本代表 井川里美さんのYou Tubeより

若干説明の内容が異なりますが、同じようなことを井川さんもお話しています。

とても分かりやすいのでこちらにも目を通しておくといいかと思います。

サーブ時のシャトルの向きはどれが正しいのか?【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

面の向き・スイング

2つのポイントをまとめて解説します。

面の向きとスイングが毎回異なると全く安定しないので重要な要素です。ポイントは

  • 面を垂直に
  • 平行に押し出す

の2点です。

このように打ちます。

なぜ垂直・平行なのか

なぜこれらのポイントが重要なのでしょうか。

それは最初に解説した、サーブを浮かせないコツは毎回同じように打つというのを抑えることが出来るからです。

毎回同じように打つというのは結構難しくて、何か基準が必要になります。そのときに例えば面の角度を感覚で「だいたいこれくらい」とするとその日の感覚によって面の角度が安定せずサーブが浮きやすくなります

だから毎回同じように打つための基準として、床と垂直にすることや平行にスイングするという一定の基準が必要なのです。

もう1つの理由としては上向きの力を加えないことでサーブが浮くことを防ぐためです。

ラケットの面が上を向いていたり、スイングがアッパースイング(振り上げるようなスイング)だとシャトルに上向きの力が加わってしまいます。

すると力の加減によりサーブの高さが変わってしまいます。

なので垂直・平行に打つことでサーブが浮くことを抑制するのです。

ここで当然沸いてくるであろう疑問は、それだとネットを越えないんじゃ?というものでしょう。

確かにそう思うかもしれません。そこは感覚的な話になってしまいますが、やってみると分かります。上向きの力を加えなくても勝手にシャトルはネットを越えてくれます。

もしかすると無意識に力を加えているのかもしれませんが。

打点とタイミング

最後のポイントがこの打点とタイミングです。

これらを毎回同じにするためには

  • 腕を伸ばしたところでシャトルをセットする
  • シャトルを投げずにすぐ打つ

というのが有効になります。

今までと似た話ですが、肘が曲がっていると打点が毎回前後してしまいます。また、シャトルを放り投げるようにしてサーブをするのも打点が上下してしまい良くないです。

なのでシャトルを持つ腕を伸ばし切ったところでセットし、シャトルを離したらすぐ打つというようにするといいでしょう。

ダブルスのサーブのコツ まとめ

ここまで解説してきたことを抑えていただければ、安定して浮かないサーブを打つことが出来ると思います。

ですが、最初に言った通りいいサーブをしたときと全く同じに打てれば安定するかと思いますので、自分にあったやり方を見つけた場合はそれでやってみてください。

もしまた躓いたらこの記事に戻っていただき、いくつかコツを取り入れていただければと思います。

この記事は以上です。
感想や質問などがあればどんどんコメントお願いします!
返信できるとは限りませんが必ず目は通します。
また、僕のツイッターで最新記事をお届けしています。フォローよろしくです。
僕のTwitter↓
@Dream_Antimony

コメント