バドミントン サーブのルールが改正?最新のルールを確認しよう!

みなさんはバドミントンのルールが一部改正されるということをご存知ですか?

ルールが変わるということは、今までOKだったことがダメになるかもしれません。そうなると、OKだと思っていたことで反則を取られてしまうこともあります。

それを避けるためにもルールの変更点などを確認しておきましょう!

この記事の内容
・ルールの変更点
・115cmの目安
・改正までの流れと適用時期
など

今回改正されるルールは2つです。
1つのルールが変更されるのに伴ってもう一つのルールが削除されます。

コチラ↓の目次から目的の箇所まで飛ぶことができます。ご利用ください。

改正されるルール

・サーブの高さが115cmで固定になる

・シャフトの向きの規制がなくなる

なお後述しますが、これらのルールが適用されるのは2019年4月以降です。
また、それ以外は変更なしです。

1つ目 サーブの高さが115㎝以下になる

以前はサーブを打つ高さはウエストより下の位置でなけらばならないというルールがありました。変更後は床から115cm以下と高さを固定するということになりそうです。

変更前
シャトル全体がウエストより下
 
変更後
シャトル全体が115cm以下

ただこの高さはまだ決まっていなくて、今後のBWFの協議次第です。また、現在即適用というわけでもないようです。詳しくはのちほど話しますが決定次第おしらせしたいと思います。

ちなみにコチラ↓が以前のバドミントン競技規則です。
9条1項(6)①

⑹ ①サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体が サーバーのウエストより下になければならない。ここで言 うウエストとは、肋骨の一番下の部位の高さで、胴体の 周りの仮想の線とする

https://www.badminton.or.jp/rule/files/rule2018.pdf

この変更は結構大きいです。

今までは、ウエストの高さが基準となっていました。ウエストの高さは人によって違うので、背の高い人と低い人でかなり差がある状況でした。

それが、一律の高さに固定されるということはみんな同じ高さからサーブを打つことになります。つまり背が低かった選手はより有利に、背が高い選手は逆に不利になるということです。

ビクターアクセルセンさんのfacebookより

ビクターアクセルセン選手はかなり身長が高いため、いつもの位置よりだいぶ下げないと115cmを超えてしまうようですが隣の選手は体との相対的に高い位置で打てています。

背の高い選手がいつもより下で打つのは結構大変なので、今までと有利不利が逆転した感じですね。

ちなみにネットの高さは両端のポールが155cm、ネットの中央部で152.4cmと規定されています。115cmに決まった場合、白帯より約40cm下から打つことになります。

審判的には見やすいかも

一律の高さに固定になれば審判的には見やすくなると思います。
なんせ今まではウエストのラインという仮想の位置で判断していたのですから。

ウエストの位置は肋骨の一番下というウェアで見えない位置です。今までは、肘の高さを目安にフォルトをとっていました。人によって変わる見えない位置で審判していたのが、決まった高さより上か下かだけで判断できるようになるので、今までより正確かつより公平にジャッジできるのではないかと思います。

115cmってどれくらい?目安は?

[追記]すいません。わかりやすい例を出したかったのですが、全然いいのがありませんでした。

[さらに追記]もっといい方法を見つけましたので紹介します。↓

シャトルの筒3本分≒115㎝

ツイッターで見かけたのがこれです。シャトルの筒を縦に3本繋げると大体115㎝になるそうです。シャトルの筒ならお手軽でいいですね。

ただ、シャトルの筒はメーカーによって長さが多少違います。RSLはちょっと長めで一本40cmだったので3本分よりちょっと低いくらいです。

YONEXはだいたい38cmだったので3本で114cmとだいたいぴったりでした。

ラケットは約67cm

バドミントンのラケットの長さは、競技規則によって680㎜以内と規定されています。なのでほとんどのラケットがだいたい67cmくらいです。

新聞紙の対角線+1000円札≒115cm

広げた新聞紙の対角線が約100cmで千円札の長さが15cmなので合わせて115cmくらいになります。
はい、全く実用的ではありませんね

500mlペットボトル1本は約20cm

2本で約40cmになります。
ネットのポールの高さが155cmですからポールの上からペットボトル2本分のところがだいたい115cmになります。

今のところ一番現実的かもしれませんね。

【追記】115cmの判定方法

どうやって判定するのかを色々調べていたら、どうやらバドミントン協会から判定方法について通知があったみたいです。

それによると

「ポストやプレーヤーの着衣にコート面から 1.15m高さのところにテープやリ
ボンなどでマークを付け、そのマークを基準にコート面から 1.15mの高さのと
ころに水平面をイメージし、判定をする」

https://www.badminton.or.jp/news/pdf/20190318_new_rule.pdf

とあります。

プレーヤーにマークをつけても上下してしまう可能性が高いので、結局はポストにマークを付ける方向になりそうです。

ただ、高さの基準が一定になったのはいいものの結局は仮想のラインで判定するということで若干残念ではありますね。

早く世界大会などで使用している判定用の器具みたいなのが普及してほしいです。

シャフトの向きの規制がなくなる

競技規則9条1項(7)

サーバーが持つラケットヘッド及びシャフトは、シャトルを 打つ瞬間に下向きでなければならない。(上記⑹②の施行の 場合は本項は削除)

https://www.badminton.or.jp/rule/files/rule2018.pdf

以前はこういうルールがありました。いわゆるアバブザハンドと呼ばれていたものですね。

しかし、サーブの高さ制限の変更によりこちらのルールは廃止されるようです。これにより、さまざまな打ち方が可能になります。

いろんなサーブの打ち方が解禁されたということです。今までフォルトとされていたこういう打ち方もアリになりそうです。

高さは固定なのでそれほど攻撃的なサーブは出てこないと思いますが、ドライブ気味のサーブが多少打ちやすくはなります。だんだんといろんな打ち方が出てきてサーブからの展開が今より早くなることはあるかもしれませんね。

変更の流れと適用時期

日本で新しいルールが適用されるのは2019年4月からのようです。

2018/03
スコアリングシステムとサーブの高さについてのルール変更を提案

2018/05
BWFの年次総会にてスコアリングシステム案否決
サーブの高さ固定案可決(高さ未定)

2018/12
高さ決定

2019/04/01
新ルール適用(日本)

という流れでした。

サーブの高さ固定案と同時にスコアのシステムも改正案が出されていました。
21点3ゲームの試合を11点5ゲームにしようというものでしたが、2018年5月で過半数をとれず否決されました。

サーブのルール改正 まとめ

というわけで見てきましたが、まだまだ僕も正直どうなるか分からないです。

まあとりあえず115cm以下ということだけは覚えておきましょう!

早いうちにサーブを練習してルール改正にも対応しちゃいましょうね。

コメント