バドミントンのクリア 打ち方・コツ・練習方法などを詳しく解説! ~ショット別解説~

クリアが飛ばない、コツがわからないなど初心者が躓きやすいポイントがクリアですよね。

この記事では、クリアがしっかりと打てるようになるコツや練習などを詳しく解説しています。

この記事の内容
・クリアとは
・クリアの打ち方、ポイント、コツ
・クリアの練習方法
 など

クリアとは

クリアとはコート後方に来たシャトルをコート後方に高く打ち返すオーバーヘットストロークのショットです。

軌道はこんな感じになります。この軌道も他の球技にはないバドミントンの特徴的な部分でもありますね。普通のボールは山なりの軌道を描きますが、シャトルは減速が激しいのでこのような軌道になります。

クリアは基本的に守りのショットです。高く奥まで返すことでシャトルが落ちてくるまでの時間をつくり、体勢を立て直したりします。また、コート奥に相手を動かしたり、それによりショットの威力を弱めたりできるショットでもあります。

バドミントンでクリアを打ちあっているイメージがあるせいかクリアは簡単なショットだと思われがちです。もしかしたら初心者が最初に教わっているかもしれません。しかしクリアはバドミントンで最も難しいショットだと思います。

正しいフォームや体の使い方、体重移動などがしっかり出来ていないとしっかりクリアを飛ばすことはできません。

クリアーの種類

クリアーには大きく2つの種類があります。

  • ハイクリアー
  • ドリブンクリアー

の2つに分けられます。

ハイクリアーはその名の通りコートの奥に高い軌道を描くように打つショットです。相手が後ろから打つということはこちらとの距離が遠くなります。そのためスマッシュなどの攻撃的なショットも減速しやすく、より守りが楽になります。

主にシングルスで用いられる基本的なショットですが、ダブルスではあまり用いられません。ダブルスでは上げたら攻め込まれるということが分かっているので極力上げないのが基本です。

ドリブンクリアーはそれに比べて少し攻撃要素があるショットです。少し低めにクリアーを打つことで相手を素早く動かしたり、相手を奥に追い込んだりする目的で使われることが多いです。

青がハイクリア、赤がドリブンクリアの軌道を表しています。

クリアの打ち方

もちろんオーバーヘッドストロークのショットなのでフォームしっかりしていることが前提です。

バドミントンの素振り 正しいフォームを身につけて上達しよう
みなさんこんにちは。ブルーローズです。今日は、フォームのお話です。バドミントンの基本はフットワークとフ...続きを読む

そのうえで以下のポイントをおさえていただければクリアーが打てるようになると思います。以下はハイクリア・ドリブンクリア両方に共通するコツです。

クリアのポイント・コツ

クリアはバドミントンで最も長い距離を飛ばすショットです。ポイントをしっかり押さえないとなかなか飛びません。

ポイント1 打点は体の前

上に向かって打つイメージショットなので打点を体の後ろに持ってきてしまう人がいますが、それだとシャトルは飛びません。力をしっかりシャトルに伝えるためには体より前で打つ必要があります。

ボールを遠くに投げようとするときにボールを離す位置がクリアの打点の目安です。

ただし打点を前にしすぎると面の角度が下を向いてしまうので前過ぎるのもよくないです。スマッシュが一番前でドロップ・カット→クリアの順で打点が後ろになります。

だいぶ大雑把なイメージですがこんな感じです。赤がクリアの打点です。

さらに細かく言うと、ハイクリアとドリブンクリアでも打点が異なります。

ドリブンクリアはハイクリアより少しだけ打点を前にして打ちます。ハイクリアとドリブンクリアの打ち分け方は打点を変えるだけです。

ポイント2 前に出ながら打つ

体重移動を上手に使うことでより楽にしっかりクリアを飛ばすことができます。前に出ながら打つことで、前に出るエネルギーをシャトルに伝えることができます。また、打った後の次の動作への移行がスムーズにできるようになります。クリアーを打った後は基本的に守りの場面になるので、素早くホームポジションに戻る必要があります。

特にドリブンクリアは球筋が低めなため、相手のリターンも早くなります。なので、常に次の動きをイメージしながら打ちましょう。

ポイント3 脱力して打つ・力まない

クリアを飛ばそうとするとどうしても力を込めてラケットを振ってしまったりしますが逆効果です。力んで打つと

  • 実はスイングスピードが落ちる
  • 安定しない
  • 体力の消費

などデメリットが多いのです。

力を入れるのはインパクトする一瞬だけです。その一瞬にラケットを握り込むことでラケットを瞬間的に加速させることができ、クリアーが飛びます。

また、インパクトの前後は脱力することが重要です。それにより効率的にシャトルにエネルギーを伝えることが出来ます。

ポイントまとめ

  • 打点は体の前
  • 前に出ながら打つ
  • 脱力して打つ・力まない

小話 打点はとても大事

ちょっとだけ大切な話をしておきます。

繰り返しになりますがクリアの打点は体より前で打つようにしましょう。というのもクリアの打点を後ろにしてしまうと他のショットが打てない、もしくは打ちづらくなってしまうのです。

クリア以外のショットは基本的に下に向かって打つショットです。なので面を下に向けるためにも体の前で打たなくてはいけません。問題はクリアは打点が後ろでも打ててしまうことです。

クリアだけ打点が後ろでも打ててしまうので、クリアを打とうと思って下がると他のショットを打つには打点が後ろ過ぎるということになってしまいます。

しっかりと前で打つようにしておけば、直前で相手の位置に合わせてドロップに変えるなど臨機応変に対応することができます。

もう一つ大事なことがあってそれは、打点が多少後ろになってもクリアをしっかり打てるようになることです。

打点を前にしろというのは、それより差し込まれても後ろに下げられるという意味でもあります。いつも後ろで打っていると追い込まれた時にそれ以上打点を後ろにすることができなくなってしまいます。

だから普段からクリアを打つときは他のショットにも変えられる打点で打つことが大事になってくるのです。

クリアの注意点

クリアの練習のときなどに陥りやすい注意点があります。それはクリアの落下点ばかりを気にして高さがおろそかになってしまうことです。

こちらの画像の赤い軌道と青い軌道はどちらも同じ地点にシャトルが落下しているのが分かります。しかし赤い軌道でクリアを打った場合相手がシャトルに触るのはもっと前の地点です。逆に青い軌道で打った場合は、相手はもっと後ろに下がらないと打つことができません。

クリアを打つ際は高さにしっかり気をつけないといけないことが分かると思います。特にハイクリアの場合は落下地点にほぼ垂直に落ちるくらいに打てればベストです。

クリアの練習方法

クリアの練習方法を紹介します。

壁打ち

クリアの練習なのに壁打ち?と思う方もいるかもしれませんが、壁打ちはとても良い練習になると思っています。

初心者向けの練習の記事でも紹介しましたが、壁打ちは握り込みや脱力の感覚を身につけることのできる練習です。壁打ちの練習で直接クリアが打てるようになるわけではありませんが、基礎となる部分は身に着くと思います。

やり方は上記の記事で解説していますので、そちらをご覧ください

椅子タッチノック

こちらはクリアを前に出ながら打つというのを身につける練習です。コートは半面を使用し、ノッカーとノックを受ける人の2人が必要です。

コートのサービスラインあたりに椅子を置いて準備します。ノッカーは後ろに球を出し、ノックを受ける人は後ろに下がってクリアを打ちます。クリアを打った後は前に出て椅子の座る部分をラケットでタッチします。

ラケットで椅子を触るタイミングくらいでノッカーは次の球を出します。後ろに下がる練習ではないので後ろには余裕を持って入れるくらいのタイミングでOKです。

もしあなたがだいぶ慣れてきて、クリアを打てるようになっているのであれば2人組で打ちあってもOKです。お互いのコートに椅子を置いて打ったら椅子タッチ、打ったら椅子タッチを繰り返します。

クリアのまとめ

ポイントのところでも言いましたが、基本はフォームがしっかりと出来ていることが大切です。その上で今回紹介したポイントをおさえて練習をしていただければクリアは打てるようになると思います。 

クリアはバドミントンのラリーを構成する最も重要で基本的なショットですが、最も難しいショットでもあります。最初はちゃんと飛ばないと思いますが、練習していれば必ず上達します。あせらず地道に順調に。

また、クリアがしっかり打てるようになれば自分でラリーを創っていくことができます。そうなってくるとバドミントンの楽しさが見えてくると思います。練習がんばってください!

コメント