バドミントンのカット/リバースカット 打ち方・コツを詳しく解説! ~ショット別解説~

みなさんこんにちは。ブルーローズです。

今回はバドミントンのカット・リバースカットの打ち方の記事です。

カットはスマッシュと組み合わせるととても攻撃の幅を広げることのできるショットです。これから紹介するポイントを抑えて、ぜひカットを身につけてください!

カットとは ドロップとの違いは?

まず、カットとはどんなショットなのでしょうか。

軌道はドロップと似た感じでコート後方からネット前に落とすように打つショットです。

ドロップとカットの軌道の違いです。カットのほうが長くなります。

青がドロップ、赤がカットの軌道を表していてだいたいこんな感じです。カットの方がドロップより若干長い軌道になります。

またその分球速も若干速くなります。

また、カットとはその名前の通りシャトルを切るようにして打つショットです。

シャトルを切るとどうなるのかというと、シャトルの回転数が増えることで空気抵抗が増し減速が激しくなります。なのでスマッシュのように速いスピードで来てネットを越えたあたりで減速し手前に落ちるという感じになります。

他にもカットの種類として、シャトルの切り方によってカットとリバースカットの2つにわけることが出来ます。打ち方の違いなどはのちほど説明します。

カットの打ち方

恒例のYouTube様に頼りましょう。コチラの動画が分かりやすいかと思います。

相手を惑わすカットスマッシュ【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

動画ではカットスマッシュとなっているので球速がかなり速いですが、ここまで速くなくてOKです。

カットの打ち方ですが、6割くらいのゆるいスマッシュを面を斜めに当てて打つ感じです。

そして面の当て方ですが

このように右利きの場合ですがシャトルの右側を切るように打つのがカットで、シャトルの左側を切るように打つのがリバースカットです。

【共通】カットのコツ・ポイント3つ

まずカット/リバースカットの両方に共通するコツやポイントを解説していきます。

ポイントは3つあります。

  • 肩からスイングする
  • しっかり振り抜く
  • 人差し指でシャトルの側面をなぞるように切る

それぞれ見ていきましょう。

肩からスイングする

カットというとどうしても面の切り方に意識がいってしまって、肘から先だけで打つような小さいフォームになってしまうことがあります。

カットはスマッシュなどと組み合わせて使うので、しっかりと肩からスイングしてスマッシュのフォームと似せることが大切です。

しっかり振り抜く

カットを打つときはしっかりと振り抜くようにしましょう。

カットはシャトルを切ることによって減速させるショットです。なのでドロップのようなゆっくりしたスイングで打ってしまうと失速してネットを越えてくれません。

特にクロスに打つ時なんかは距離が遠い+失速でネットを越えづらいです。

なのでインパクトした後にしっかりと振り抜いて、シャトルがネットを越えるようにスピードを与えてあげましょう。

人差し指でシャトルの側面をなぞるように切る

カットでシャトルを切るときのイメージは人差し指でシャトルをなぞる感じです。

イースタングリップでラケットを握っていれば人差し指が1番上になっていて指の腹がラケット面の位置にあると思います。

指の腹とラケット面が同じ方向をむいているので、この人差し指の腹でシャトルの側面、カットなら右側、リバースカットなら左側をなぞるイメージで打つと打ちやすいかと思います。

リバースカットの打ち方・コツ

カットは上で紹介した感じでだいたい出来るかと思いますが、リバースカットについてはもう少しだけ詳しく解説しようと思います。

まずどういったスイングになっているのか分からないという方のために動画で確認しましょう。後半はスローになっていてとても分かりやすくなっています。

【スローモーション】リバースカット【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

ポイントを解説すると

  • 早めに手首を返す
  • 斜めに切る

この2つかなと思います。上の方で挙げた3つのポイントと合わせて見てください。

早めに手首を返す・斜めに切る

通常のショットはラケットを回内させて面が正面を向いたときにインパクトします。

リバースカットの場合はこれを少し早めに手首を回内させて面が右斜め前を向いたあたりでインパクトします。そうするとスムーズにカットできるかと思います。

またそこから真下に振るのではなく、若干斜めに振るようにします。

そうすることでより安定したリバースカットが打てるかと思います。

バドミントンのリバースカットを超簡単に打つ方法【握りをずらす】

リバースカットを超簡単に打つ方法を1つ紹介します。

それはグリップの握り方を変えてしまうことです。握り方を変えて普通に打つと何も考えなくてもリバースカットを打つことができます。

理由とかの前に、まずそのやり方を説明します。

右利きの場合グリップエンドから見て、反時計回りにラケットを回します。

だいたいこれくらいです。何ならほぼウエスタンでもいいくらいです。

理由を説明すると、この握りにすると自然とリバースカットの面の向きを作ることができるからです。

この握り方でラケットをインパクトの位置に持っていくと面がリバースカットの感じになっていると思います。

グリップの握りを変える方法の欠点と使い道

簡単に打てるのはいいんですが、もちろん欠点もあります。それを踏まえた上での使い道も解説します。

まず欠点ですが、握り変えたらそれしか打てないという点とコントロールが難しいという点です。

そのまんまなので深く解説はしません。

ではどう使うかということですが、リバースカットの打ち方になれる段階として使うのがいいかと思います。

何も考えなくてもリバースカットを打てるので、打ち方が良く分らないといった場合に感覚をつかむために使えます

カット/リバースカットまとめ

以上カット/リバースカットの打ち方やコツを見てきました。

だいぶリバースカットに偏ってしまいましたが、どちらもとても重要なショットです。

この記事を参考にしっかりと身につけてほしいです。

それと、頭で分かっていることと出来るかどうかは関係ないです。実際に体を動かして試行錯誤することで習得することが出来ると思います。

いろいろとチャレンジしてみてください。

この記事は以上です。
感想や質問などがあればどんどんコメントお願いします!
返信できるとは限りませんが必ず目は通します。
また、僕のツイッターで最新記事をお届けしています。フォローよろしくです。
僕のTwitter↓
@Dream_Antimony

コメント