バドミントンのシャトルまとめ 練習用・おすすめ・選び方も紹介!

バドミントンで使用するシャトルは消耗品です。ガットだのグリップだのと何かとお金のかかるスポーツなだけに、シャトルは安くすませたいですよね。

でも、安いシャトルを選んでもすぐ壊れて結局高くついたりなどシャトル選びは難しいです。この記事ではおすすめのシャトルを紹介していきます。

それに加えて、シャトルの選び方のポイントやその他のこともお伝えします。また、この記事では個人が練習のために買うシャトルについてのおすすめなどをお伝えしています。

部活やサークルなどで使用するシャトルについては触れませんが、一応参考にはなるかと思います。

この記事の内容
・シャトルのこと色々
・シャトルの選び方
・おすすめシャトル

シャトルについての知識

本題に入る前にシャトルについて学んでおきましょう。と言ってもこの記事を読んでいる方は説明不要かもしれないので飛ばしてもらっても構わないです。

シャトルの素材・羽とコルク

シャトルと一口に言っても、その素材は物によって変わります。その中でもシャトルのパフォーマンスに大きく関わるのが羽とコルクの素材です。

羽は耐久性と飛行性、コルクは打球感に影響してきます。ちなみにコルクはシャトルの丸くて硬い部分の中に入っています。

羽の部分は大きく、ガチョウ・アヒル・ナイロンに分かれます。あとでも言いますが、競技としてバドミントンをやるならガチョウ1択です。

大会などではガチョウシャトルを使いますが、ナイロンは全然飛びが違うのでおすすめしません。また、アヒルの羽根を使ったシャトルは耐久性に不安(最近は改善されつつあるらしいけど)があるのであまり良くないです。

というかアヒルシャトルはそもそも種類が少ないので、期待したパフォーマンスを発揮してくれるシャトルに出会うのは難しいです。

コルクは天然と人工に分かれます。天然コルクは打球感や耐久性がいい代わりに価格が高いです。人工コルクはその逆です。人工コルクは打った時の感覚がとても硬く、手への衝撃が結構あります。なので最近はコルクの先端は天然コルク、それ以外は人工コルクといったように混ぜているものが多いです。

ただ、コルクはそこまで大事じゃないので気にしなくても大丈夫です。よほどのこだわりがない限りコルクでシャトルを選ぶことはないと思います。

シャトルのスピード番号

シャトルにはスピード番号と言うのがあって、その気温に適した番号のシャトルを使う必要があります。

YONEX、RSLでは以下の画像のようになっています。シャトルの番号はシャトルの筒の青いキャップに貼ってあるシールで確認することが出来ます。

ちなみに気温に適したシャトルを使わないと飛びに影響します。空気と言うのは気温が上がると膨張して密度が小さくなります。よってシャトルの空気抵抗も減るのでシャトルは良く飛ぶようになります。

逆に気温が下がると空気は収縮して密度が大きくなります。シャトルの空気抵抗は大きくなるので飛びにくくなります。しかし、気温によって飛びに差が出るのはあまりよろしくないのでどの気温でも同じくらいの飛びになるように調整されています。

つまり番号の小さい、たとえば1番のシャトルはあまり飛ばないように、番号の大きいシャトルは飛びやすいようになっています(同じ気温で打った時に)。なのでスピード番号と季節があっていないとシャトルが飛びすぎたり飛ばなかったりするのです。

関連記事↓

バドミントン シャトルのスピード番号とは?違いは何?

シャトルの選び方

それでは本題に入っていきましょう。

シャトルの選び方のポイントは

試合球とのパフォーマンスの近さ価格と耐久性のバランスです。

いつも練習しているシャトルと試合で使うシャトルが全然違ったら、本番で力を発揮できませんよね?また丈夫なシャトルは価格がとても高いのでなかなか手が出せませんね。

では何を基準に判断するかというとYONEXのNEW OFFICIALです。

NEW OFFICIAL(ニューオフィシャル)は一般的な大会で広く使われているシャトルです。これに近い性能があればいいシャトルだと思います。

ならニューオフィシャルでいいじゃん!という方もいるかもしれませんね。いやでも正直4000円て高いですよね。全然高くない、安い安いという方はニューオフィシャル買っちゃうのがいいとおもいます。

おすすめシャトルと評価

ということでオススメシャトルを紹介していきたいと思います。ランキング形式ではなく列挙していく形にするのでいいなと思ったシャトルを試してみてください。

商品名の後に一応楽天の商品リンクを貼っておきましたので、気になった方はリンクをクリックし手いただければ楽天の販売ページに行くことができます。ショップは基本的に関東のものを紹介してあります。

以下の表のバランスというのは価格と耐久性と打球感のバランスのことです。

WBF公式シャトル スノーピーク

総合評価 3.7

価格耐久性 打球感 バランス
★★★★☆
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

WBFとは世界バドミントン連盟のことで、スノーピークはその公式シャトルとなっております。これと全く同じシャトルでミランというものがありますが、そちらは日本バドミントン協会の第一種検定合格級です。

一種検定レベルのシャトルが2500円で手に入るというのは素晴らしいです。ただこのシャトルの欠点として、打球感が少々硬いことと飛びすぎるという点があります。個人が練習用に使う分には問題ない範囲でしょう。

RSL No.1Tourney(ナンバーワンターニー)

総合評価 4.2

価格耐久性 打球感 バランス
★★★☆☆
★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆

こちらは僕も使っているシャトルで、第一種検定合格級です。正直言ってかなりいいシャトルだと思います。

RSLはシャトル専門のメーカーで、自社工場で原料から製造まで全て行っています。そのシェアは世界でもトップクラスです。耐久性がかなり良くなかなか折れないので長く使うことが出来ます。

少々値段が高いことが難点ですが、耐久性を考えるとコストパフォーマンスはかなり高いと思います。耐久性の高いシャトルは使用しても軸が折れにくいです。なので試合やゲーム練習などで使ったあとでも、ノック球などとして使うことができます。

頑張らないバドミントン研究会 風神雷神シャトル

総合評価 3.0

価格耐久性 打球感 バランス
★★★★★
★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆

価格が安いのに耐久性はかなり良いシャトルです。他のメーカーの同価格帯と比べると優れたシャトルと言えるでしょう。ただし、価格よりは耐久性がいいもののニューオフィシャルには中々及ばない感じではあります。

練習級としてのコスパは決して悪くないです。まだ試合に出ない方やまだまだ上達途中なんて方にはオススメします。

欠点は、ネットでの販売のみで店舗販売がないことですかね。ネット上でしか販売していないのでネットでの取引に不安のある方もいるかと思います。しかし販売元の頑張らないバドミントン研究会は結構大きな会社ですし、メルマガや講習会なども行っていて信用できる会社だと僕は思います。

参考 僕のおすすめと注意点

僕のおすすめは上でも紹介しましたがターニーです(RSLの回し者ではありませんよ)。耐久性がとても高いのが素晴らしいポイントです。

私は上手いからシャトルを折ったりしないよ~なんて方もいるかもしれませんが、シャトルを打つのは自分だけではありません。さまざまな人と打つと思うので、壊されてしまうこともあります。ターニーならだいぶ安心感があります。

また、注意点があります。どんな耐久性の良いシャトルでもフレームショットをしまくったりしていれば一瞬で粉々になってしまいます。ラケットにしっかりと当たらないレベルであればシャトルの耐久性は気にしなくていいかもしれません。

シャトルまとめ

シャトルのオススメなどは以上になります。

僕の考えでは、あなたがどんなレベルであっても個人練習用なら天然シャトルを使うことをおすすめします。人工やアヒルなど年々シャトルの改良は続いていますが、まだまだ天然素材には及んでいないのが現実です。

天然シャトルでどんどん練習して強くなりましょう!しっかり練習して上達すればシャトルの消費は減っていきます。それが一番のコスパであることは間違いないです。強くなるための投資だと思ってシャトルはどんどん使っていきましょう!

ただし、シャトルを丁寧に扱うことは忘れないでくださいね。

さあシャトルを手に入れたらどんどん練習していきましょう!

余談ですがもう少し昔だったら、僕のおすすめはYONEXのHI-CREAR(ハイクリアー)でした。耐久や飛びなどはとても高性能でとても良いシャトルでした。

しかし、ハイクリアーは廃番になってしまいました。代わりにエアロセンサというシャトルが出たらしいですね。ハイクリアーと同程度の価格のエアロセンサ600というのが新しく出るらしいのでそちらに期待します。使用したら感想などをお伝えしたいと思います。

コメント